婚活中にしてはいけない行動ってある?

婚活は積極的に行動して当たって砕けろの精神で突き進むのも大事ですが、しかし何をしてもよいわけではありません。
自分の行動により更に婚活を厳しくする場合もあるため、まずは婚活中にしてはいけない行動を理解してから活動をしていきましょう。
そこでどのような行動がダメなのかをご紹介します。

自慢はダメ!自分のことばかりではなく相手のことを考えよう

男性で多い婚活失敗例の1つが、自慢ばかりする人です。
高学歴や高収入な人ほど自慢ばかりで自分アピールしたがるのですが、やりすぎは逆効果です。
多少の自慢は自分を知ってもらうためにも必要なのかもしれませんが、しかし、自慢を聞くために婚活パーティーやサイトなどを利用しているわけではありません。

楽しい会話をしたいのに自慢ばかりだと会話が弾みませんし、聞いている女性にとって苦痛を感じてしまうことも時にはあります。
自分のことばかり考えるのではなくて、まずは相手のことを考えて楽しく会話ができるように会話を展開していきましょう。

プライバシーを考えて聞きすぎないことも大事

相手のことを知るためにいろいろと質問する人がいるのですが、この行動もNGの一つになります。
どんな人でも隠しておきたいことがあり、できれば隠し通しておきたいことです。
相手を知るために質問する必要もありますが、深く踏み込むような質問をしてしまうと相手は不信感を持ち警戒してしまいます。

特に職業だけでいいところを会社名を聞いたり、住んでいる住所や連絡先をいきなり聞き出そうとするのはダメです。
関係が深くなれば自然とわかってくることが多いので、出会ったばかりの段階では深いところまで質問しないようにしましょう。

年収や職業を気にしすぎるのはダメ

女性に多い失敗例の1つが、年収や職業を気にしすぎてしまう行動です。
将来のことを考えると、低収入よりも高収入が良いのはもちろんですし、安定性を求めるためにもどのような会社に勤めているのかも大事です。
しかし、男性は職業や年収を見られるのはよく思っていない人のほうが多く、できれば年収や職業関係なく自分を見てほしいと思っています。

ステータスのことばかり気にしてしまうと、お金のことばかりになりがちで会話が弾まなくなり楽しめません。
婚活は相手と一緒になり楽しむことが成功につながってきますので、ステータスよりも相手の中身を見て趣味や二人の共通点の話などをして楽しみましょう。

興味あるないで態度に変化を出すのはダメ

これもまた女性に多い失敗例ですが、興味があるないで態度に変化が出てしまうと婚活に影響してしまいます。
多少態度に出てしまうのは仕方がないことでもありますが、露骨に態度に出てしまうと男性だけでなく女性にも嫌われてしまいがちです。
表裏があればあるほど今後の結婚生活を考えると、できれば避けたい人と感じてしまいます。

わからないようにしていたとしても、自分に興味を持ってもらえればもらえるほどどのような行動をしているのかを見られるようになるので、隠しているつもりでもバレているかもしれません。
婚活の段階で嫌われてしまう行動をしない人になることも成功のためにも大事ですので、もし態度に出やすいようなら改善できるように努力しましょう。

まとめ

婚活中にしてはいけない行動はいくつかありますが、全て改善不可能なわけではありません。
意識していれば改善できることばかりなので、まずは自分がどのような行動をしていてそれは相手にとって良いのか悪いのかを把握し、悪いところがあれば改善して次に進みましょう。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

婚活の最終的な方法として、結婚相談所に登録をしました

NO IMAGE

結婚相談所で出会った人について、これからの事を考えます

NO IMAGE

成婚まで中々いかない人へ!婚活で気を付けたい事とは?

NO IMAGE

相手を傷つけない為に!婚活での上手な断り方とは?